沖縄で心理カウンセラーによるカウンセリングセラピーや悩み相談なら、心体カウンセラー™ 武田美紀へ

MENU

深層リンパドレナージュとは

深層リンパドレナージュとは

リンパドレナージュとは、私たちの身体に流れるリンパを活性化させ、免疫機能を回復し、不要になった身体の廃棄物(老廃物)を排出させる目的があります。

より深層部のリンパの本流に働きかける手技が、深層リンパドレナージュです。

リンパとは

血管の外へ染み出した透明で淡黄色の血漿(けっしょう)やタンパク質、細菌や古くなった細胞、水分がリンパ管に再吸収された組織液です。細菌や古くなった細胞、水分、エネルギー生成時に出る廃棄物は、リンパ管に吸収されリンパ節へと送られます。このリンパ節では、リンパ液に含まれる細菌や古くなった細胞、廃棄物が処理され、血液と還っていきます。

つまり、リンパとは身体の不要物を排出する役割となっています。リンパの流れは心臓が血液を全身に送り出すのとは違い、骨格筋の収縮により促されます。そのため、リンパの流れを良くするためには運動やマッサージを行うのが効果的と言えます。

水を補給する

水を多く飲むとリンパ液の濃度は薄まります。リンパ液の濃度が薄まるとリンパの流れが促進されます。深層リンパドレナージュの施術前後は、水をしっかり補給するようにしましょう。この時摂取する水は、常温、あるいは体温に近い温度のものを摂取することをおすすめします。

リラックス状態になる

深層リンパドレナージュの施術を行うと、深層部のリンパ液がスムーズに滞ることなく流れますので、疲れが和らいでリラックスした状態になります。人がリラックスした状態というのは「副交感神経」が働いていますから、その副交感神経を活性化させることで、自律神経を整え健康的な心身を取り戻すことに繋がります。また、人の身体はリラックス状態になると、リンパ管が緩んでリンパ液が流れやすくなりますので、良いサイクルが期待できます。

また、深層部に働きかける事により、浅層のリンパもおのずと流れやすくなります。
また、お子様の病後の回復、情緒の安定にも深層リンパドレナージュは適しています。

 

コラム一覧へ戻る

心体カウンセラー武田美紀は沖縄と名古屋にて、うつ病の相談に加えて深層リンパドレナージュを行っています。この深層リンパドレナージュは、心の不調からくる身体の痛みやストレスを和らげたい方などにもおすすめです。沖縄と名古屋で深層リンパドレナージュの施術を受けたい方は、心体カウンセラー武田美紀にご相談ください。

©2015-2017 TAKEDA MIKI Corporation.

トップページ

お気軽にお問合せください。 TEL 070-5533-8531 受付時間 9:30~19:00 電話に出られない時は留守番電話になります。

トップページ

PAGETOP