もう決めていた

個人セッション、各種調整をしたあと、

本来の自分が開花する方があちこちにいらっしゃいます。

 

とある先輩のご意見に

「Aさんのセッションを受けたら変わった」という見方というより

「変化の時期にそこを訪れるように元から決まってた」といういうものがありました。

面白いですね。

 

ある意味、予約した時に、すでに変わることを決めているケースでしょうね。

 

このような一面もあるでしょうし

答えは1つではないだろうと考えています。

 

化学反応

以前、「こすも」という別のサイトの中で数回書きましたが

私には「触媒」という考え方がありまして、

例をあげると「3名で会話をする。」という現実があるとします。

 

3名のメンバー構成によって場の雰囲気が変わりますでしょ?

楽しかったり

自然体でいられたり

というような事があるかと思いきや、

なんだか楽しくないような気持ちになる時もある。

 

その3名も月日が経つと変わる時があります。

 

全く同じ時間を過ごせないのと同じで

3名でいて楽しい時間というのも変わる。

 

3名の構成メンバーも変わることだってある。

 

そして、以前は楽しくなかった、楽しめなかった3名での時間も

嘘のように楽しいものに変わる時もある。

逆もある。

 

数億?数兆?の可能性の上にその瞬間は成り立っている。

 

よく言われますが、これも3名という人間による化学反応のようなもの。

 

統合心体カウンセリング™ での統合ということも

クライアントと私というメンバーが固定でも、

同じ時は来ない。

同じ変化もない。

 

毎回の、土台となる背景が異なりますでしょ?

 

ですから、個人セッションでは「今」の確認をして

個人セッション後、その後のご自分を楽しみにしてください。

 

これまでの自分の心がけや行動様式なども統合カウンセリングを受けて頂けるあなたの土台です。

 

妄想通り、期待通り以外にもいろいろな変化が起こっています。

 

自分の思う通りにしたいということも一旦忘れていただくと

今までもそうだったように、天の配剤を感じることが出来るようになります。

 

思い通りにしたい!という事から一歩下がって ちょっと謙虚な気持ちになると

色んなことが見えてきます。

 

想像も予想もつかない「どこまでも」

統合ってどこまで言うのだろう? という今回のタイトルに

今の私は

「どこまでも」

とお伝えしたいような気持ちです。

そう、宇宙の果てまでも。です。

 

宇宙は外側に広がっていたり、あなたの内側に広がっていたりします。

 

影響は言語化できないほど多岐に渡っていると思います。

 

積極的にその変化の波に乗っていく方もいらっしゃるでしょうし、

今の自分が好きだから、変化の波に消極的な方もいらっしゃるでしょうが

それすらも変化の具合による現在の判断と好みでしょうし。

 

物欲に限らず、我欲の具合によっても影響があるような気がします。

 

それも含めて、あなたのオリジナルなスタイル

煩悩でも、エゴでも良いですが、

脳の状態にもよりますので、

統合を進めていくという事に関しては 飛び級もなさそうだ。

 

多分 流行りのスピリチュアル系の能力も追い風にはならないみたい。

 

自分と地道に向き合うというようなことが

習慣化して

習慣が脳も変えていく。

 

柔らかさってなんだろう? ちょっと意識してみてください。

「柔らかさ」って茫漠とした言葉ですが

統合が進みやすかったり、

その幅も奥行きも高さも 無限さと仲良しなのは「柔らかさ」のようなもののような気がしています。

 

冒頭の例に戻ると、

どんな3名の時も、

楽しい場にしよう!と想えるようなことも

柔らかさだったりするのかもしれない。

 

硬い時は固い科学反応が起きるだけとも言えるんですよね。

 

お互いが触媒だから。

相手は鏡という言葉がありますが、

相手は触媒、自分も触媒。

そこに現れた化学反応が、触媒の構成メンバーの因子を表していたりします。

 

 

 

 

このイラストが可愛いものですから

アメブロでもつかったのですが、こっちでも採用します。

首が柔らかいという意味でのイラストということで、ご理解ください。

 

コミュニケーションから得るものも無尽蔵

統合を進めていこうとしたときに、

多岐に渡る触媒たる人々と接することも非常に有益だと思います。

 

自分を棚に上げられませんぞ。

俯瞰と勘違いして 周りを上から見てる場合じゃないですよ(笑)

俯瞰した風景に自分も入ってますか?

 

アナタは、あなたの周りに起きている その反応の触媒の1つでもあるんですからね(^_-)

 

俯瞰と見下しって、紙一重な時がありますね。

いやぁ こわいこわい。

 

この記事を書いた後に、私は自宅で内部作業をしながら、ふと視野が広くなるきっかけがあり、

自分で書いておいて、上の言葉が身に沁みました。

 

「私」が私の中から見ていた景色が「おやおや ちょっとどころか、随分違うぞ」と思えてきて

過去の自分を「こらー!」と怒りたくなってみたり

「これから」についてふと考えて 遠くを見てみたりしたんですね。

 

なんだか恥ずかしいわ、これじゃあ。と正直思いました。

 

なんにもなくなっちゃったあと、

友人の「3か月くらい続くらしい」という情報より余程早く通常運行に戻ったことだし、

やっぱり見直しや、やり直しの時期なのでしょうね。

 

まぁ、人生これの繰り返しですわ。

 

恥ずかしいことをやり、反省することをやり、迷惑もかけながら、それに気がついて、改良していこうとする気概は大切にしていきたいです。

 

一緒にやっていきましょう

やっぱり あたりまえの人間でしかないのですが、

だからこそ、心体のケアの素晴らしさを知ってから楽になりました。

 

一緒に楽になっていきましょう。

 

どうぞ個人セッションや講座をご利用ください。

心体カウンセリング™ について

講座・スクール

 

(2018/06/06)

コラム一覧へ移動